医療法人 閑谷会
電話番号: 0869-67-2335 

各施設電話番号

備前 閑谷苑0869-67-2331
神戸 日の出苑 078-803-2001
播磨 高砂苑0794-48-6003
東京おりーぶ苑 047-311-0777

リハビリテーションとは

このページでは、老人保健施設のサービスの1つであるリハビリテーションについて説明しています。

リハビリテーション(機能回復訓練)とは

 リハビリテーション(以下リハビリ)は、病気や怪我などによって障害を負った人が、自立した元通りの生活もしくは元通りの状態に近い生活を送るための訓練・治療を行うものです。さらに、生活だけではなく仕事や旅行、買い物等の余暇など、社会の場へ再び参加することを目指して行うものです。

 よくマッサージと混同されがちですが、主には治療を目的とした運動療法を行います。

 病気・怪我には二通りあり、徐々に体の機能が低下するパーキンソン病や老化、寝たきりで起こるタイプ(A)と、脳梗塞や骨折のように急に体の機能が低下し、その後回復していくタイプ(B)があります。

Aのような病気・老化に対してリハビリを行うことで、何もしないことに比べ、機能の低下が緩徐になる効果があります。

Bのような病気・怪我に対してリハビリを行うことで、何もしないことに比べ、より早い回復が見込まれ、より元の体に近い状態になります。

 また、病気・怪我以前の体の状態に戻らず日常生活が困難になった場合でも、残った体の機能を最大限に発揮し、生活できるように援助します。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

 リハビリを行う専門職として、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士という職種があります。理学療法士・作業療法士は学術の面ではほぼ共有しているため、老人保健施設・デイケアでは区分無くリハビリを行っています。

 以下には、それぞれの療法について少し詳しく説明しています。 

理学療法 (Physical Therapy)

 理学療法は主に運動療法・物理療法の2つです。

  • 運動療法 運動療法は病気や怪我による寝たきりなどで起こる体の能力低下の改善を治療的な運動で行うものです。

 運動療法には、

  1. 各関節の悪くなった状態に対し運動を行い改善するもの、筋力を増強するものなど、体の部分ごとに行う運動
  2. 寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行などの人の基本的な動作を用いての運動があります。治療の目的は、異常な姿勢や運動を正常化することです。
  • 物理療法 物理療法は、簡単にいうと科学的な治療です。治療の効果は鎮痛・循環促進・からだの機能低下予防と改善など様々です。

 具体的には

  1. ホットパック(温シップ)やマイクロウェーブといった機器で体の各部を温めて痛みを沈め、間接の柔軟性を高めるもの
  2. 水流でマッサージ効果を得るもの
  3. 牽引(けんいん)して痛みや筋肉の異常状態を改善、骨折の治療や骨折部分の固定を補助するもの

 などがあります。

作業療法 (Occupational Therapy)

 作業療法はその名の通り、あらゆる「作業」を通じて体やこころの障害によってひきおこした能力低下およびその影響を最小限にする為の治療です。

  一般的な老人保健施設では日常生活活動訓練(ADL訓練)、認知症作業療法の2つを中心に行っています。

  • ADL訓練 日常の基本的な生活(例えば、着替えをしたり、食事をしたり、お風呂に入ったり、トイレにいったりといった事)が、可能な限り“自分の力”でできるように訓練するプログラムを行います。
  1. その動作を本人のからだの能力に合わせたかたちで行えるよう訓練すること
  2. その人に合わせた動作の環境を整える(例:フォークを改造する、ベッドから一人で起きるための改造)こと
 が主になります。


  • 精神障害の作業療法 一般的な老人保健施設での精神障害とは認知症が主になります。
  1. 手芸・紙粘土などの創造的な作業
  2. 音楽・書道などのレクリエーション活動
  3. 計算・幼い頃~青春時代の思い出を利用したクイズなどの、脳の活性化を図る活動
 等を行います。

これらの作業療法を認知症の程度や本人の性別や地位、年齢を考慮して、内容やグループを適切に編成し、効果を高めています。認知症がない方も予防的に行います。

※認知症の作業療法では・・・

 A)十分に楽しみながら、自発性や創造性、集中力の促進を図ること

 B)病気・怪我により気持ちの面で閉鎖的になる為、他の人との積極的な交流の場を設けることで心の刺激・活性化を図ること

 ・・・などを目的としています。

言語療法 (Speech-Language-Hearing Therapy)

 言語療法は、主にコミュニケーションの障害と、摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)(食べる・飲み込む)障害に対する治療を行います。

  • コミュニケーションの障害に対する治療

 成人(高齢者)分野では主に、失語症をはじめとした高次脳機能障害や構音(発音)障害が対象になります。

  1. 失語症とは脳の病気やけがなどによって、相手の言葉が理解できない、言いたい言葉が出てこない、書けない、読めない、言い間違うなどの症状がでる障害です。失語症の訓練では、初めに面談や詳しい検査をして、言語能力を細かく把握します。その上で各種訓練教材を用いて症状に合わせた訓練を行い、コミュニケーションの円滑化を図ります。
  2. 構音障害とは、発音がはっきりしない状態です。成人では主に口などの運動障害によって起きるものが対象になります。これらの症状に対して、口の体操、口の筋トレ、呼吸・発音訓練、音読等の訓練を行います。
  3. 高次脳機能障害とは、病気やけがなどが原因で脳が損傷されたために、言語・思考・記憶・行為・学習・注意に障害が起きた状態です。意欲や集中力の低下、物事を順序立てて行うことが困難、日時や約束を覚えられないなど多様な症状に対し、取り組みを通じて働きかけ、改善を図ります。


  • 摂食・嚥下障害に対する治療

 摂食・嚥下障害とは、病気や老化などにより、うまく食べられない・飲みこめない状態です。嚥下障害になると、脱水症や栄養不良になったり、食物が気管に入ってしまい(誤嚥)肺炎や窒息など命にかかわる病気を引き起こすことがあります。また、食べることは人間にとって大きな楽しみの一つであり、口から食べることができるかどうかは、肉体的にも精神的にも人の健康に大きな影響を及ぼします。

 嚥下障害の訓練として、嚥下体操や呼吸訓練、筋トレなど食べ物を用いないで行う基礎訓練と、実際に食べ物を用いて行う摂食訓練があります。また、症状に合わせて食物形態を変える必要がある場合も多くあります。食べるときの姿勢の検討や、気が散らないような環境の設定など、安全に食べるための様々な点について調整していかなくてはなりません。その為には、ご家族をはじめ医師や看護師、栄養士、介護士、療法士などとの密接なチームアプローチが不可欠です。